ワクワクを羅針盤に船が出た


by shuko-2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

劇団ピープルパープルの宇田さんと

ご縁というものは、本当に不思議です。
もう3年も前のこと。
たまたま手にした一枚の当選ハガキは、予想外のサプライズを運んでくれました。

「クリスタル・イブ」という、なんとも素敵なタイトルにひかれ、くみちゃんとshukoは、
当たりチケットを手に、関西の劇団ピープルパープルの東京公演を観に。
そこで体験したのは、座席から落ちんばかりの爆笑と、嗚咽まじりの号泣。
こんなすばらしい芝居があるなんて・・・ いっぺんに虜になってしまいました。

開演まぎわまで受付をやっていた役者が、開演ベルと共に舞台へ駆けていく姿を見て、
「スタッフ募集」に応募してしまったshuko。
1年間、東京公演のお手伝いをさせていただきました。

e0146178_1172416.jpg

去年、池袋演劇祭で大賞を受賞した
             ピープルパープル。
今年は池袋・シアターグリーンの演劇祭で、
またまた大賞。

たまたま大賞発表の場に居合わせることに
なりました。

受賞した「ORANGE」という芝居は。
神戸の震災を題材にしたものです。

  おめでとう!
      ピーパー!!


e0146178_11234619.jpg

  宇田さんを囲んで、キャプテン・カツミとくみちゃん、shukoは祝杯をあげました。

  宇田さんは、たまたま仕事で上京され、10日間ほど東京滞在とのこと。
  だから、大賞発表の場にいることができたのです。

  最初の祝杯が、私たちと・・・とは
  これまた不思議なめぐりあわせです。

  まさに、“たまたま”が重なったご縁の糸だったのでしょう。
[PR]
by shuko-2 | 2008-03-26 23:57 | つれづれなるままに