ワクワクを羅針盤に船が出た


by shuko-2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ようこそ!

朝、KATSUMI★SHIPに行くと、思いがけない訪問者がいました。

e0146178_0433391.jpg
 かねてからの知り合いのように
 ちょこんと、テラスにいたのです。

 「あらぁ、あなた、
       どこからきたの?」

 世間では「迷い犬」と言うのでしょうが
 ちょっと遊びにきたような風情でした。

 「ぱぴょー(社長)」とにわかに
         名前を付けました。

 綺麗な犬だし、きっと飼い主さんが
 探しているだろうと、ポスターを作り
 近所に貼りました。
 保健所にも、迷い犬の連絡をしました。

ネットで調べると、ぱぴょーは特徴的な耳から、「パピオン(蝶)」という種類でした。

ぱぴょー・・・ぱぴよー・・ぱぴおん、、、 似てましたねー

幸いなことに、まもなく飼い主さんと連絡がつきました。
飼い主さんは、近くに住む熟年男性でした。

e0146178_0563527.jpg

 やっと主に会えたぱぴょーは大喜び。

 飼い主さんは、ぱぴょーとの出会いを
             話してくれました。

 「いやぁ、いつもはこんなことはないのに
  ちょっと目を離したすきに
       出て行ってしまいました。
  1時間半ほど探し回りました。

  この犬はね、いわく付きなんですよ。
  ホントは飼う気など
          なかったんですけどね。

  数匹の犬を育てていた
  知り合いのブリーダーが
  ガンになってしまいましてね、犬を育てられなくなったんです。

  そのせいでこの子は、小さなオリの中に入れられて、長いこと暮らしてました。

  あるとき、私と目があってしまったんですよ。 
  この子の親は、賞をもらったこともある立派な犬なんです。
  なのに、引き取る人がいないもんだから、かわいそうでね。 
                     何度も通ううち、私が連れて帰ってきたのですよ。

  名前?  そら って言うんです。

  そらは狭いところで暮らしていたから、歩くことができず、ぐるぐるまわるだけでした。
  とてもやせていて、元気がありませんでした。
  それでもなんとか工夫して、食べさせてやりましたよ。

  人が好きじゃなくてね、ここでこんなに違和感なく遊んでるなんて、信じられません。

  お前、よかったなぁ。 こんないい人たちに良くしてもらって・・・」


  天使は予告もなく、突然に舞い降りるものです。
  そら は私たちを和ませ、笑顔を増幅させてくれました。
  飼い主さんにも、とても温かいものを感じたのでした。

  今日も大きなミラクルを、ありがとう。
[PR]
by shuko-2 | 2010-06-01 23:58 | つれづれなるままに